省エネ住宅ポイント> エコリフォーム> 対象となるエコリフォーム> 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改修を対象となります。
※省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。

原則として次のJISに該当し、熱伝導率[W/(m・K)]が0.052以下のノンフロン製品が対象となります。

JIS A 9504、JIS A 9511、JIS A 9521、JIS A 9523、JIS A 9526、
JIS A 5905、JIS A 5901、JIS A 5914

改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改修を対象とします。対象となる断熱材の性能および使用量については、表1及び表2をご確認ください。

  • 断熱材の対象製品を検索する
外壁の断熱改修
屋根・天井の断熱改修
床の断熱改修

発行ポイント数

改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、下表に示すポイント数を発行します。

外壁 屋根・天井
120,000ポイント
(60,000ポイント)
36,000ポイント
(18,000ポイント)
60,000ポイント
(30,000ポイント)

※ 部分断熱の場合の発行ポイント数。

  • 断熱材のポイント数を調べる
  • エコリフォームで発行されるポイント数を試算する

エコリフォームの対象となる断熱材の一定の使用量(表1)

■断熱材の1戸当たりの最低使用量(一戸建ての住宅)
断熱材区分※1 断熱材最低使用量【単位:m3
外壁 屋根・天井
A-1
A-2
B
C
6.0
(3.0)※2
6.0
(3.0)※2
3.0※3
(1.5)※2
D
E
F
4.0
(2.0)※2
3.5
(1.8)※2
2.0※3
(1.0)※2
■断熱材の1戸当たりの最低使用量(共同住宅等)
断熱材区分※1 断熱材最低使用量【単位:m3
外壁 屋根・天井
A-1
A-2
B
C
1.7
(0.9)※2
4.0
(2.0)※2
2.5※4
(1.3)※2
D
E
F
1.1
(0.6)※2
2.5
(1.3)※2
1.5※4
(0.8)※2
※1 断熱材の区分については、表2を参照。
※2 部分断熱の場合の断熱材使用量を示す。
※3 基礎断熱の場合の最低使用量は、床の最低使用量に0.3を乗じた値とする。
※4 基礎断熱の場合の最低使用量は、床の最低使用量に0.15を乗じた値とする。

エコリフォームの対象となる断熱材の区分(表2)

断熱材区分※1 熱伝導率[W/(m・K)] 断熱材の種類の例
A-1 0.052~0.051 ・吹込み用グラスウール(施工密度13K、18K)
・タタミボード(15mm)
・A級インシュレーションボード(9mm)
・シージングボード(9mm)
A-2 0.050~0.046 ・住宅用グラスウール断熱材 10K 相当
・吹込み用ロックウール断熱材 25K
B 0.045~0.041 ・住宅用グラスウール断熱材 16K 相当
・住宅用グラスウール断熱材 20K 相当
・A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板4号
・A種ポリエチレンフォーム保温板1種1号
・A種ポリエチレンフォーム保温板1種2号
C 0.040~0.035 ・住宅用グラスウール断熱材 24K 相当
・住宅用グラスウール断熱材 32K 相当
・高性能グラスウール断熱材 16K 相当
・高性能グラスウール断熱材 24K 相当
・高性能グラスウール断熱材 32K 相当
・吹込用グラスウール断熱材 30K、35K 相当
・住宅用ロックウール断熱材(マット)
・ロックウール断熱材(フェルト)
・ロックウール断熱材(ボード)
・A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板1号
・A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板2号
・A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板3号
・A種押出法ポリスチレンフォーム保温板1種
・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種3
・A種ポリエチレンフォーム保温板2種
・A種フェノールフォーム保温板2種1号
・A種フェノールフォーム保温板3種1号
・A種フェノールフォーム保温板3種2号
・吹込用セルローズファイバー 25K
・吹込用セルローズファイバー 45K、55K
・吹込用ロックウール断熱材 65K 相当
D 0.034~0.029 ・高性能グラスウール断熱材 40K 相当
・高性能グラスウール断熱材 48K 相当
・A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号
・A種押出法ポリスチレンフォーム保温板2種
・A種硬質ウレタンフォーム保温板1種
・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種1
・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種2
・A種ポリエチレンフォーム保温板3種
・A種フェノールフォーム保温板2種2号
E 0.028~0.023 ・A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種
・A種硬質ウレタンフォーム保温板2種1号
・A種硬質ウレタンフォーム保温板2種2号
・A種硬質ウレタンフォーム保温板2種3号
・A室硬質ウレタンフォーム保温板2種4号
・A種フェノールフォーム保温板2種3号
F 0.022以下 ・A種フェノールフォーム保温板1種1号
・A種フェノールフォーム保温板1種2号
※1 JIS A5901で規定されるポリスチレンフォームサンドイッチ稲わら畳床のうち、PS-C25、PS-C30、及び、JIS A5914で規定される建材畳床のうち、KT-II、KT-III、KT-K(1種b※2)、KT-N(1種b※2)については、断熱材区分A-1~Cと同様の断熱材区分として取り扱うこととする。またKT-K(3種b※2)、KT-N(3種b※2)については、断熱材区分Dと同様の断熱材区分として取り扱うこととする。ただし、押出法ポリスチレンフォーム保温材の種類について表記が無い場合は、断熱材区分A-1~Cと同様の断熱材区分として取り扱うこととする。
※2 JIS A9511で規定される押出法ポリスチレンフォーム保温材の種類を示す。

関連リンク

Pagetop