省エネ住宅ポイント> 規約

規約

1.事業者・商品コード等の不備

記入した事業者コードと商品コードに誤りがあり、商品が不明の場合、事務局は当該商品の交換の申し込みを無効とし、利用可能なポイントに加算して再度ポイント通知を送付します。なお、誤りのある商品があるときでも、他の正しく記入された商品の交換は行います。
また、未成年の申請者が、酒類の交換の申し込みを行うことはできません。

2.ポイントの不足と優先順位

記入した事業者コードと商品コードが指定する商品の交換に必要なポイント数やポイントの計算に誤りがある場合であって、当該商品の交換に必要なポイントに不足がないときは、事務局は、事前に申請者等に連絡することなく正しいポイント数に訂正の上、商品の交換を行います。
また、商品の交換に必要なポイントが不足する場合、事務局は、利用可能なポイントの範囲内で記入番号の順に従い商品の交換を行います。

3.商品の変更・取り下げ

申請者は、申し込みを行った希望商品の変更または商品交換の申し込みの取り下げを行うことはできません。
季節限定の商品や在庫の不足等により商品の提供ができない場合、商品交換事業者は申請者に代替商品の提案を行うことがあります。申請者は、商品交換事業者からの代替商品の選定および納品に関する協議に応じなければいけません。

4.住所変更

申請者は、引っ越し等により申請書類に記載した住所の変更があった場合、速やかに事務局に連絡を行い、その指示に従ってください。商品交換事業者の責めに帰さない事由(申請者の不在、受け取り拒否、事務局に対する事前の通知なしの住所変更等。)により、申請者に対する商品の初回の発送日もしくは通知日から30日を過ぎても納品できない場合、平成28年2月29日までに納品できない場合または期限にかかわらず納品できないことが明らかになった場合、商品交換事業者は、商品交換の申し込みをキャンセルすることがあります。

5.商品交換の期限

商品交換は、平成28年1月15日(以下「商品交換期限」という。)までにポイント交換申込書、またはウェブシステム(マイページ)によって申し込みを行ってください。なお、ポイント交換申込書による商品交換は、商品交換期限までに事務局の定める私書箱に郵送(必着)しなければいけません。

6.免責

ポイント交換申込書の紛失、郵送等の遅延、または申し込みの不備等によって商品の交換が行われない等の事故について、事務局等はその一切の責任を負わず、その事故に起因して生じる申請者およびその他の者の損害等に対していかなる義務も負いません。

Pagetop