省エネ住宅ポイント> 建材/住宅設備メーカーの方へ> 製品登録> 太陽熱利用システム

太陽熱利用システム

対象となる製品の登録要件

窓の断熱改修や外壁、屋根・天井、床の断熱改修と併せて太陽熱利用システムを設置する場合、もしくは、エコ住宅設備(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓)の内、3種類以上を設置する工事の場合は省エネ住宅ポイントの申請が可能です。
強制循環式のもので、JIS A4112に規定する「太陽集熱器」の性能と同等以上の性能を有することが確認できること。(蓄熱槽がある場合は、JIS A4113に規定する太陽蓄熱槽と同等以上の性能を有することが確認できること。)

必要提出書類

  書類名 様式番号 様式入手 ファイル形式 備考
  担当者連絡先リスト   ダウンロード Excel

初回のみ提出

  製品のカタログ又は
Webカタログのアドレス
  (自社作成) PDF

適宜提出

WebカタログまたはURL。Webカタログが無い場合は、表紙と該当製品が記載されているページのPDF(10頁程度)

1 【C1】対象製品リスト申請様式(太陽熱利用システム)※1   ダウンロード Excel  
JISマーク製品の場合
2 JIS認証取得証明(集熱器・蓄熱槽)※2     PDF  
JISマーク製品の場合
3 【C2-1】性能確認チェックリスト(集熱器)   ダウンロード Excel 性能確認機関又は自社試験の試験結果を様式に記載
【C2-2】性能確認チェックリスト(蓄熱槽)   ダウンロード Excel
4 性能を証明するもの※3   (認証機関発行) PDF 自己適合宣言書の場合は、製品の仕様がわかる図面・資料を添付すること。また、自己適合宣言書はJISQ1000またはJISQ17050に基づくものであること。※5
5 品質管理体制を証明するもの※4   (認証機関発行) PDF
  • ※1 太陽熱利用システムの登録は、集熱器・蓄熱槽・補助熱源等の一体となったセット単位で登録することが必要です。
    登録に際しては、JIS認証取得や性能確認チェックリスト等(上記2.又は3~5の書類)において性能が必要要件を
  • ※2 JIS認証の証明書に集熱器又は蓄熱槽の製品型番や名称等を記載すること。
  • ※3 JIS認証機関等による性能評価、JIS認証機関等による立会い試験結果等の評価資料またはこれと同様にJISの認証手続きに準拠して性能の審査を行った事を証すもの。
  • ※4 JIS審査基準A(日本工業規格への適合性の認証に関する省令第2条第1項各号)と同等の社内品質管理規格が策定されているもの又はISO9001(又はJISQ9001)の認証の証明書。
  • ※5 自己適合宣言書の場合、根拠となる試験報告書等の添付を求めることがあります。
Pagetop