省エネ住宅ポイント> 建材/住宅設備メーカーの方へ> 製品登録> 窓・ガラス

窓・ガラス

対象となる製品の登録要件

改修後の窓が平成25年基準※1もしくは平成11年基準※2に規定する断熱性能等に適合するよう行う
次のイ、ロ又はハのいずれかに該当する断熱改修。対象となる窓の仕様例については、表1, 表2をご確認く下さい。

※1 住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針(平成25年国土交通省告示第907号)
※2 住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針(平成18年国土交通省告示第378号)

イ.ガラス交換(既存窓を利用して、複層ガラス等に交換するものをいう。)
ロ.内窓設置(既存窓の内側に、新たに窓を新設するものをいう。)
ハ.外窓交換(既存窓を取り除き、新たな窓に交換するものをいう。)

表1

地域区分 建具の種類又はその組合せ 代表的なガラスの組合せ例
Ⅰ及びⅡ

次のイ、ロ又はハに該当するもの

イ 三重構造のガラス入り建具で、ガラス中央部の熱貫流率(単位 1平方メートル1度につきワット。以下同じ。)が1.91以下であるもの

ロ 二重構造のガラス入り建具で、ガラス中央部の熱貫流率が1.51以下であるもの

ハ 二重構造のガラス入り建具で、少なくとも一方の建具が木製又はプラスチック製であり、ガラス中央部の熱貫流率が1.91以下であるもの

イの場合、ガラス単板入り建具の三重構造であるもの

ロの場合、ガラス単板入り建具と低放射複層ガラス(空気層12ミリメートルのもの)入り建具との二重構造であるもの

ハの場合、ガラス単板入り建具と複層ガラス(空気層12ミリメートルのもの)入り建具との二重構造であるもの

次のイ又はロに該当するもの

イ 一重構造のガラス入り建具で、木製又はプラスチック製であり、ガラス中央部の熱貫流率が2.08以下であるもの

ロ 一重構造のガラス入り建具で、木又はプラスチックと金属との複合材料製であり、ガラス中央部の熱貫流率が2.08以下であるもの

低放射複層ガラス(空気層12ミリメートルのもの)又は三層複層ガラス(空気層各12ミリメートルのもの)入り建具であるもの

次のイ、ロ又はハに該当するもの

イ 二重構造のガラス入り建具で、少なくとも一方の建具が木製又はプラスチック製であり、ガラス中央部の熱貫流率が2.91以下であるもの

ロ 二重構造のガラス入り建具で、枠が金属製熱遮断構造であり、ガラス中央部の熱貫流率が2.91以下であるもの

ハ 二重構造のガラス入り建具で、ガラス中央部の熱貫流率が2.30以下であるもの

イ又はロの場合、ガラス単板入り建具の二重構造であるもの

ハの場合、ガラス単板入り建具と複層ガラス(空気層6ミリメートルのもの)入り建具との二重構造であるもの

次のイ又はロに該当するもの

イ 一重構造のガラス入り建具で、木製又はプラスチック製であり、ガラス中央部の熱貫流率が3.36以下であるもの

ロ 一重構造のガラス入り建具で、金属製熱遮断構造又は木若しくはプラスチックと金属との複合材料製であり、ガラス中央部の熱貫流率が3.01以下であるもの

イの場合、複層ガラス(空気層6ミリメートルのもの)入り建具であるもの

ロの場合、ガラス単板二枚使用(中間空気層12ミリメートル以上のもの)、複層ガラス(空気層12ミリメートルのもの)又は低放射複層ガラス(空気層6ミリメートルのもの)入り建具であるもの

Ⅳ及びⅤ

二重構造のガラス入り建具で、ガラス中央部の熱貫流率が4.00以下であるもの

ガラス単板入り建具の二重構造であるもの

一重構造のガラス入り建具で、ガラス中央部の熱貫流率が4.00以下であるもの

ガラス単板2枚使用(中間空気層12ミリメートル以上のもの)又は複層ガラス(空気層6ミリメートルのもの)入り建具であるもの

一重構造のガラス入り建具で、ガラスの日射侵入率が0.43以下のもの

遮熱低放射複層ガラス(空気層6ミリメートル以上のもの)又は熱線反射ガラス3種入り建具であるもの

1. ガラス中央部の熱貫流率は、日本工業規格R3107-1998(板ガラス類の熱抵抗及び建築における熱貫流率の算定方法)又は日本工業規格A1420-1999(建築用構成材の断熱性測定方法)に定める測定方法によるものとする。

2. 「低放射複層ガラス」とは、低放射ガラスを使用した複層ガラスをいい、日本工業規格R3106-1998(板ガラス類の透過率・反射率・放射率・日射熱取得率の試験方法)に定める垂直放射率が0.20以下のガラスを1枚以上使用したもの又は垂直放射率が0.35以下のガラスを2枚以上使用したものをいう。

3. 「金属製熱遮断構造」とは、金属製の建具で、その枠又は框等の中間部をポリ塩化ビニル材等の断熱性を有する材料で接続した構造をいう。以下同じ。

  • ※上記と同等以上の性能を有することを確認することができる内窓設置、外窓交換、ガラス交換については、これによらず、エコリフォームのポイントの発行対象とすることができる。
  • ※引戸、ドアについてはポイントの発行対象外。

対象となる仕様例については、上表に加え下記表に示される仕様例も対象とする。

表2

地域区分 建具の種類又はその組合せ 代表的なガラスの組合せ例
III

一重構造のガラス入り建具で、ガラス中央部の熱貫流率(単位 1平方メートル1度につきワット。)が2.08以下であるもの

低放射複層ガラス(空気層12ミリメートルのもの)又は三層複層ガラス(空気層各12ミリメートルのもの)入り建具であるもの

1. ガラス中央部の熱貫流率は、日本工業規格R3107-1998(板ガラス類の熱抵抗及び建築における熱貫流率の算定方法)又は日本工業規格A1420-1999(建築用構成材の断熱性測定方法)に定める測定方法によるものとする。

2. 「低放射複層ガラス」とは、低放射ガラスを使用した複層ガラスをいい、日本工業規格R3106-1998(板ガラス類の透過率・反射率・放射率・日射熱取得率の試験方法)に定める垂直放射率が0.20以下のガラスを1枚以上使用したもの又は垂直放射率が0.35以下のガラスを2枚以上使用したものを言う。

必要提出書類

  書類名 様式入手 ファイル形式 備考
  担当者連絡先リスト ダウンロード Excel

初回のみ提出

  製品のカタログ又はWebカタログのアドレス (自社作成) PDF

適宜提出

WebカタログまたはURL。Webカタログが無い場合は、表紙と該当製品が記載されているページのPDF(10頁程度)

1 対象製品リスト申請様式(内窓) ダウンロード Excel  
対象製品リスト申請様式(外窓) ダウンロード Excel  
対象製品リスト申請様式(ガラス) ダウンロード Excel  
Pagetop