省エネ住宅ポイント> よくある質問>【リフォーム】工事内容

よくある質問

Q1.  玄関先(屋外)の段差解消は、エコリフォームのバリアフリー改修の対象にならないのか?

A1.  屋外の工事はポイント発行対象外です。

Q2.  耐震改修については、従後が現行基準に合致すれば従前の状態に関する条件は無いのか?

A2.  従前は現行の耐震基準に適合しない住宅を、現行の耐震基準に適合させる工事であり、かつ、昭和56年5月31日以前に着工された住宅において行う工事が対象です。

Q3.  太陽光発電設備(ソーラーパネル)の設置はエコリフォームの対象になりますか?

A3.  本制度のポイント発行対象外です。

Q4.  玄関ドア、勝手口の交換やガラス交換は対象になりますか?

A4.  ドア及びドアに付いたガラスの断熱改修は、本制度のポイント発行対象外です。

Q5.  バリアフリー改修で、居室に手すりを合計3箇所設置した場合は何ポイントですか?

A5.  手すりの設置について、同じ種別で2回ポイントを申請することはできません。
居室の部屋数や設置箇所数にかかわらず、居室に設置として6,000ポイントです。

Q6.  内窓の交換や内窓のガラス交換は対象になりますか?

A6.  改修後の窓がポイントの発行要件を満たす場合、対象となります。

Q7.  畳工事はポイント発行対象になりますか?

A7.  畳は床の断熱改修の対象になります。
ただし、省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された畳床を使用し、畳床の断熱性能(断熱材区分)に応じて定められた最低使用量以上を使った場合に限ります。

Pagetop