省エネ住宅ポイント> よくある質問> 【リフォーム】対象住宅

よくある質問

Q1.  従来の住宅エコポイント制度でポイントを取得した住宅について、省エネ住宅ポイントのポイント発行は可能か?

A1.  省エネ住宅ポイントのエコリフォームのポイント発行は可能です。

Q2.  共同住宅のリフォームについて管理組合でも申請可能か?

A2.  申請可能です。

Q3.  自らDIYでリフォームする場合ポイントはもらえるか?

A3.  工事請負契約を伴わないリフォーム工事は対象となりません。

Q4.  店舗付住宅(複合用途)のリフォームは対象になるか?

A4.  住宅部分のリフォームについては対象となります。

Q5.  グループホーム、高齢者専用賃貸住宅なども対象となるか?

A5.  住宅であるためエコリフォームの対象となります。
ただし、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどは
事業を行うための施設で、住宅には該当しないため対象になりません。

Q6.  既存住宅を増築する場合に新設される部分の窓についても対象か?

A6.  エコリフォームの「窓の断熱改修」として要件に該当する場合は対象となります。

Q7.  建築年数は関係あるか?

A7.  建築年数に関係なく、要件に該当する場合は対象となります。ただし、耐震改修については、昭和56年5月31日以前に着工された住宅が対象になります。

Q8.  別荘等のセカンドハウスやオーナー所有の賃貸物件をリフォームした場合は対象になりますか?

A8.  別荘や賃貸住宅も、エコリフォームの要件に該当する場合はポイントの発行対象となります。

Pagetop