省エネ住宅ポイント> 住宅事業者の方へ> 詳しい基準

詳しい基準

ポイントの発行対象

対象となるエコ住宅の新築

次の1~5のいずれかに該当する新築住宅

1.省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
2.一次エネルギー消費量等級5の住宅
3.一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
4.断熱等性能等級4の木造住宅
5.省エネルギー対策等級4の木造住宅

申請には、基準を満たすことを証明する登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要です。

対象となるエコリフォーム

次の1~3のいずれかの改修工事

1.窓の断熱改修
2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
3.設備エコ改修
 (エコ住宅設備を3種類以上設置する工事)

 ※太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

  • 窓の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  • 設備エコ改修

なお、1~3のいずれかとあわせて実施する以下の改修工事等も対象

・バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等拡張)
・エコ住宅設備(2種類以下)
・リフォーム瑕疵保険への加入
・耐震改修工事
・既存住宅購入後のリフォームによるポイント加算

  • 太陽熱利用システム(エコ住宅設備)
  • 節水型トイレ(エコ住宅設備)
  • 高断熱浴槽(エコ住宅設備)
  • 高効率給湯機(エコ住宅設備)
  • 節湯水栓(エコ住宅設備)
  • バリアフリー改修(エコ住宅設備)
  • リフォーム瑕疵保険への加入
  • 耐震改修
  • 既存住宅購入加算

エコ住宅の新築またはエコリフォームの各基準詳細

エコ住宅の新築

  • エコ住宅の新築

エコリフォーム

  • 窓の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置
  • 太陽熱利用システム
  • 節水型トイレ
  • 高断熱浴槽
  • 高校率給湯機
  • 節湯水栓
  • バリアフリー改修
  • リフォーム瑕疵保険への加入
  • 耐震改修
  • 既存住宅購入加算
Pagetop