省エネ住宅ポイント> 住宅事業者の方へ> 一括での完了報告の場合の手続き

一括での完了報告の場合の手続き

即時交換を利用する場合の完了報告期限は平成28年2月15日でした。現在も完了報告の提出は受付けておりますが、期限後に提出された場合、即時交換にポイントを利用することはできません。

エコ住宅の新築の完了報告書(一括報告用)の作成

工事完了前にポイントが発行された住宅について、住宅の建築や分譲を行った事業者(契約事業者)が、まとめて完了報告することができます。
以下すべての条件を満たす場合、一括完了報告を行うことにより、重複する一部の書類について、提出を省略することができます。 
なお、共同住宅等と戸建住宅で一括完了報告の条件と、書類のまとめ方が異なります。

  • ※リフォームについては、一括完了報告はありません。
«共同住宅等の一括完了報告の条件»
  1. ①住宅の建築主、購入者と契約を締結した契約事業者が完了報告を行う
  2. ②1棟に10戸以上の住戸を含む、完了報告を行うべき共同住宅等について一括して手続きを行う (1棟ごとに完了報告)
  3. ③事務局が指定する方法で書類をまとめ、郵送により提出を行う (窓口申請によりポイントの発行を受けた住宅を含む)

※1棟に10戸以上の住戸を含む共同住宅等(1棟ごとに完了報告)

«戸建住宅の一括完了報告の条件»
  1. ①住宅の建築主、購入者と契約を締結した契約事業者が完了報告を行う
  2. ②直近1カ月に工事を完了し、完了報告を行うべき住宅ついて一括して手続きを行う(ただし10戸以上の場合のみ)
  3. ③事務局が指定する方法で書類をまとめ、郵送により提出を行う (窓口申請によりポイントの発行を受けた住宅を含む)

※直近1カ月に工事を完了している住宅(10戸以上の場合のみ)

Pagetop